金継ぎ教室


うつわ継ぎ山鳥・清水 真由美さんをお迎えしての金継ぎ教室です。

本漆を使って接着や補修をし、継いだ部分に金や銀の粉を蒔いて装飾を施したりしながら直していきます。

漆や自然素材を使った修理・修繕は、使えば使うほど直したところがより一層馴染んでいき、味わい深い表情見せてくれます。


漆・金継ぎを通じて広がる日常の景色。

身近にあるものが、皆さんの手でもっと素敵に生まれ変わり、もっともっと使いたくなってしまう。

金継ぎを通じて、心惹かれるものにめぐり合えますように。

日常とうるしを繋ぐうつわ継ぎ山鳥さんの世界へようこそ。






●ご紹介(craft山鳥さんHPより)

~うるしを使って整える日常~

身の回りのものをうるしで繕い丁寧に扱い残していく行動は、自分の物差しで収拾選択して空間や生活を心地よく整えていくことに繋がると日々実感します。

ご依頼や教室を通じて愛着ある生活道具を長く使い、うるしや漆製品を楽しんでいただけますように。



清水真由美 craft山鳥

千葉県出身 横浜市在住

子育て期間中は愛用の器が割れたときは通っていたお店で金継ぎを依頼していたが、転居により生活環境が変わり以前から自分で直すことへの思いもあり、金継ぎの勉強を始める。2012年より仕事として請けるようになり、現在に至る。

漆や自然素材で用の美に沿う修繕を行っている。

修理依頼は個人ほか古美術商、民芸店、都内和食器店など年間100点ほど。

金継ぎ教室主宰/作品制作

横浜芝山漆器研究会、小林宮子漆芸教室燦の会所属


*うつわ継ぎ山鳥さんのホームページはこちら→





▣ビギナークラス 2022年10月~11月(第1,3土曜日 13:00~16:00) 全4回

 定員 : 6名(要予約) 講習費 ¥26,000+税 (お茶付き)


講師側で道具や材料で用意しますのでお気軽にお越しください。

・欠損補修と割れた部分の接合(仕上げ:漆、錫粉、真鍮粉)

・木製小物(スプーンなど)の拭き漆

アドバンスクラスを継続受講し、より完成度を高めることもできます。



▣アドバンスクラス 2022年12月~2023年2月(第1,3土曜日 13:00~16:00) 全6回

定員 : 8名(要予約)


ビギナークラス受講者、または漆修理の経験者を対象としています。

接着素材を自分で作成し、仕上げも各自の好みで進めます。

道具、材料をお持ちでない場合、講習費に加え道具の購入が必要です。




*ご出席できない日の振替、返金はございません。次回にてフォローいたします。




▣アシストクラス  2022年12月~2023年2月(第1,3土曜日 13:00~16:00)

アドバンスクラスを終了された方対象の1日復習クラスです。

継続して修復したい器がある方、漆繕いの技術をより習得したいという方。

アドバンスクラス期間中いつでも受け付けております。 

事前に予約をお願いいたします。




●持ち物(各クラス共通)

*薄手の天然ゴム手袋

*直した器を固定して持ち運べる容器

*筆記用具 

*ティッシュ

*エプロン、アームカバー または汚れてもよい長袖服 (漆は布につくと色が落ちません)



★お問合せは ecru@helios8.co.jpまで